中世ヨーロッパの薫り。 邑久郡牛窓鹿忍K邸

中世ヨーロッパの薫りが漂う洋館。まさに外観は城壁といったイメージが印象的です。
また構造的にもエントランスと車庫がコラボレートしていて、クルマが美術品のように展示
できます。さらに1階テラコッタは土足仕様。生活様式までがヨーロピアンな家です。

 

しっくいのアールの壁
アンティークレンガの壁。

3mの玄関扉
中世の馬車に使用された
ランプを配して。
 
海に面した開放的なデッキ。
大きな引き込み戸でスッキリと。
             緑を望む
             開放的なバスルーム。
城壁をイメージさせる
外観。
青いガラスの塊が煌めくトイレ。
薪ストーブのあるクラシックな空間
アンティークのシャンデリアが照えます。

竹を貼った天井に似合う
シンプルな和室。

アンティークのステンドグラス。
しっくいの壁のアクセントに。